つ  の  ぶ  え  

 

 人の子よ。あなたの民の者たちに告げて言え。わたしが一つの国に剣を送るとき、その国の民は彼らの中からひとりを選び、自分たちの見張り人とする。 剣がその国に来るのを見たなら、彼は角笛を吹き鳴らし、民に警告を与えなければならない。(エゼキエル書 33:2 )


ページのご紹介 内容の一部
 このページは、現在のキリスト教会に来らんとする危機、神の裁き、敵の働きに関して、 神のみこころに沿って、警告を与えようと志すものです。すなわち、終末における「つの笛」を大きく吹鳴らすものです。黙示録によると、終末のキリスト教会に来らんとする反キリストの働きは大きく分けて次の2種類あります。

 1 政治、社会、歴史に働く反キリストの働き
 2 宗教(キリスト教)に働く、反キリストの働き

このページでは、この2つの面に関して見ていきたいと思います。内容は、多くの人にとって、恐らく衝撃的なものになるかもしれません。 聖霊にあって、吟味しつつ、かつ神が与えておられる警告に関しては、謙虚に耳を傾けて頂きたいと 願っています。
●反キリスト統治の時にアメリカのクリスチャンを収容するための収容所がすでに アメリカ国内に完成しつつある。
●アメリカのクリスチャンの首を切り落とすための「ギロチン」がすでに大量にアメリカに輸入され、用 意されている。
●多くのカソリック教会の高位の僧たちはサタンの手先であるフリーメーソン員で占められており、 反キリスト的な教えを広げている。
●ペンテコステ的信仰の先駆者といわれるキャサリンクールマンはフリーメーソン、悪魔礼拝者であり、その墓はフリーメーソンの人々が葬られる墓の中にある。<<証拠写真>>

メニュー
ブログ:終末の風

■オリーブ&ミルトス ■エレミヤの部屋 エレミヤの教会
■聖書サイト
 初心者向け聖書の学び
■カトリックへの警告 ■メルマガ「黙示録を読む 新刊「天皇家は万世一系のダビデ王朝の末裔である!」
■警告のニュースレター「角笛」創刊!

■English page
■まだキリストを信じておられないあなたへ
項目No.
分類 タイトル
1 終末への警告 戦争と戦争のうわさ
この国のクリスチャンンへの警告
意味の秘められた名バビロン
エジプトと呼ばれる都
主の日の災い
終末のキーワード
再び十字架につけられる主
警告!警告!警告!獣の刻印
山へ逃げる
7年の契約
終末の日のノアの大洪水
宮の崩壊、そして反キリストの登場
終末とはどのような時代か
終末について:艱難時代はもう目前に?
2 偽りの終末教理
背教を出発と訳すこじつけ翻訳 
教父たちは艱難前説など支持していない
聖書かいざんにより作られた艱難前携挙説
一度救われたら決して救いから外れることはないとのトンデモ教理
怪しい終末教理に惑わされ殺人カルトと化したアメリカ福音派
教会における偽りを示すサイト
3 聖書改ざん 改ざんされる聖書翻訳
4 悪霊リバイバル 恐るべき聖霊の第3の波の教理
トロントブレッシングの真実
トロント関連資料
聖霊の第3の波系、ペンテコステ、カリスマ運動の問題点
5 カソリックの誤り カソリックに関する文書
ユダヤはバチカンを変質させる
6 レビ人の剣 (誤りの教理) キリスト教VS仏教
エホバの証人の誤り
エホバの証人の誤り2
エホバの証人の誤り3
モルモン教の誤り
セブンスデーの誤り
セブンスデーの誤り2
輪廻転生の誤り
無神論の誤り
無神論者の質問
無神論者の質問2
神の存在の証明
進化論の誤り
進化論の嘘
聖書と進化論
科学と進化論
聖書の預言
メシヤに関する聖書の預言
メシヤに関する聖書の預言2
7 終末の獣の国アメリカ ダニエル書が預言する終末の獣の国アメリカ
聖書の暗号はアメリカが獣の国であることを暗示する
獣の国アメリカ
アフガン爆撃日誌
アメリカの軍事介入リスト
8 偽ユダヤの陰謀 恐るべき悪魔経典ユダヤタルムード
大イスラエル国の狂気
鉄の杖ユダヤ共産主義の研究
失われた12部族
偽ユダヤ人
パレスチナ難民発生の理由
アウシュビッツの争点
静かなる戦争のための沈黙の兵器
キリスト教への攻撃
キリスト教を攻撃するユダヤ
世界支配の計画書
支配されているマスコミ
関連資料
シオンの議定書
ローゼンタール文書
ユダヤはアメリカを支配する
ユダヤ、ロスチャイルドは支配する
ユダヤ人と彼らの嘘(ルター著)
獣の国、アメリカにおけるクリスチャン迫害:
9 日本こそユダ族の末裔である 天皇家は万世一系のダビデ王朝の末裔である!
蘇るユダ族の獅子日本
10 小石牧師の本 小石牧師の本
狂い始めたアメリカ崩壊する日本
悪魔の秘密組織
世界を動かすユダヤ教の秘密
悪魔最後の陰謀
続悪魔最後の陰謀
11 聖書の暗号 聖書の暗号
12 その他 日本、世界の陰謀
角笛の声

*このHPの管理人は「truth7」です。 (E-mail はこちら )   since 1999