プロテスタントへのサタンの攻撃

以下は小石牧師の本からの抜粋です。

------------------------------------------------------------------------
「一九四七年から四八年にかけて、オカルトはファンダメンタルとかペンテコスタルと呼ばれる教会に浸透し始めた。神の霊がパビロンから出るように新しい働きを始められる一方で、他の霊がパビロンに入るように働き始めた」
 
 

この著者は全ての働きがサタンの働きだと言っているわけではない。確かに前著『世界を動かすユダヤ教の秘密』222ページ以降に書いたように、二○世紀に神の素晴らしい働きがあった。しかし、エデンの園にへびの姿でサタンがやってぎたように、神の新しい働きのすぐそばにサタンは自分の仕事場を設けるものである。

「『癒しの声』という組織が始まり、間もなくカリスマティックムーブメントが花開いた。『癒しの声』は全ての教派の中に、神の霊に満たされたクリスチャンの装いをしたwitchたちが〃出へ行って、宣べ伝え〃若者たちを彼らの〃しるしと奇跡〃に導くように訓練した。これらのwitchたちは今でもミネノタのセント・ポール教会でクリスチャンらしく振る舞うために、キリスト教の教理、クリスチャンの口癖、振る舞いを教えられている。ウイリアム・ブラーナムは神の霊に満ちた田舎の説教者 だったが、やがて『癒しの声』に取り込まれた。

そしてすぐにこの組織の指導者たちより有名になった。彼は、労働組合(非常に左翼的)、テレビジョン、映画、やがて来る混乱について攻撃した。彼は大きな集会の壇上で、彼の後ろに座っていたこれらの指導者を指差して、〃私の前にいる悪魔と戦うだけではなく、後ろの敵とも戦わなければならないとは全くやっかいな
ことだ。ここから立ち去れ!〃と叫んだ。
 

あなたの身辺にも悪魔の手が伸びている

 

 
 
 

ブラーナムがこれらの侵入者に気がついたことに怒ったイルミナティは、彼を殺すことに決めた。その頃、ブラーナムの集会には悪霊の影響が入り込んでいたが、それを是正する仕事の途中で、オカルトに洗脳されたアルコール中毒の男が一四○キロのスピードでブラーナムの息子の運転する車にぶつかり、ブラーナムの頭を砕いた。そして、ブラーナムはwitchcraftの影響を受けていたのだという偽りの報告が公表された。

これらの働きの目的は、福音的な(純粋なというような意味)教派を引き下ろし、リベラルな教派と合同させて一つのエキュメニカルな教会にすることである。これらの組織は次のような教理を教えている。

1 救われるために悔い改めは必要ない。
2 罪との分雛は悔い改めに必要ない。
3 クリスチャンがこの世と分離する必要はない(これは〃富の信仰〃に立つ映画スターや芸能人によって知られている)。
4 異言を話すと金持ちになり、物質的な祝福を受けるようになる。
5 もう律法に束縛される事はない(こうして旧約聖書を捨てさせた)」
 

私はこれらの働きの真ん中にいるのだが、なるほどとうなずける所と、ちょっと侍てと言いたい所とがある。この著者の信仰によるのだろうが私自身はカリスマ遅動の全てを否定することは出来ない。しかし、たしかにそういう側面もあると思う。「一九六○年代にキリスト教会はロックミュージックの影響にさらされた。ロックミュージックの悪霊的影響を助けるためにイルミナティはカルパリー・チャペルの牧師チャック・スミスに四○○万ドルの小切手二枚を与え『マラナタ・レコード』を発足させた。これによって〃ジーザス・ロック〃という形でロックミュージックを教会に送り込ん
だ。

Witchたちを〃神の霊に満たされたクリスチャン〃として訓練したイルミナティはスパロー・レコード、パードウイング・レコード、W○RD、ミーア、レキシコン、ライト・レコードといった会社に侵入させ、ラブンング、Cildren○fDay、ナンシー・ホイットニー、ラリ・ノーマン、チャック・ガーランド、フイル・カーギーなどの〃ministries〃(伝道の働き)を送り出した。W○RD、ミーア、レキシコン、ライト・レコードはW○RD Recordの子会社であり、W○RD Recordのオ-ナーはスタンダード・オイルであり。スタンダード・オイルのオーナーはロックフェラーであり、ロックフェラーのオーナーはフィリッブ・ロ スチャイルドである。

こうして次のような事が始まった。ナンシー・ホイットニ
ーの『ラットルミーシェイクミー』は権威、家族、牧師、教師、警察官などの〃お堅い指導者〃を十把一からげに引き下ろし、若者たちに反逆精神を徐々に植え付けようとしている。フイル・カ- ギーのあるアルパムは全て、音楽の中で読まれる物語で催眠効果を与えるロックミュージックである。その全ての比喩的な表現の中には、一度も神の子としてのイェス・キリストについて語られていない。

デビー・ブーン(バット・ブーンの娘)の『ユーライトアップマイライト』はルシファーの歌を書いた女性によって書かれたものである。ケネス・コーブランドの『水の上にバンを』はチャック・ベリーの歌が背景にある。イルミナティはまたゾンダーバン、コリンズワールドなどのキリスト教出版社を所有している。これは全てのクリスチャンメディアに彼等の教えの影響を与えることができる」

ここに書かれていることの全てが本当かどうか私には判らないが、大いに参考にすべぎだ
と思う。しかし、キリスト教というものはしばしばサタンの攻撃にさらされても、何時
かはまた、雪でしないだ木が雪をはねのけるように、正しい信仰に戻って行くものであり、その時はもっと賢く強力になっているものなのだ。もう一つのイルミナティの〃クリスチャン組織〃はカリフォルニアのメロディーランド教会である。

ラルフ・ウイルカーソンが指導するこの教会はオカルトのカリスマ浸透の頂点である。そのメンバーの中には、ロン・デブリースト、ジム・スビルマン、ウオルター・マーチン、ミカエル・エッセクス、マイク・ワランクらがいる。ウオルター・マーチンは反キリストはコンピューターだと言った人物である。催眠術を導入し、witchは救われないと言ってwitchcraftはキリストの血より力強いとした。

ミカェル・ェッセクスは『私は王の子』(訳注*一般的にクリスチャンの間で王とはキリストの事)という本を出し〃富の信仰〃を推し進めている。マイク・フランクは元サタニストで『サタンセラー』と言う本を書いた。彼はメロディーランドのホットライン(相談電話)を作った。彼はホモでキリストのメッセージを水で薄めている。クリスチャンよりwitchの方が力があると支持している。
ウオルター・マーチンは一三ドルイドカウンセルのギャビン・フロストと旅行をして、
 キリスト教が馬鹿げていて、思い上がったもので、witchcraftは害がなく、愛に満ちて、賢いものだと見えるようにするための討論をした。

メロディーランド教会は、クリスチャンは平和を愛好し、攻撃的でなく、自己防衛の心のないものだと教えるブロパガンダの主要な推進力であるが、聖書は神の民が彼等の手に剣を持ち(黙示録一九章ではイエスも神の子らもそうしている)、裁きの剣を保持し、その意志があるのだ」私はラルフ・ウイルカーンン牧師の説教を間いたことがあるが、その当時はとても素晴らしかった。しかし、その後スキャンダルの噂が流れ、信用を失った。ここに書かれていることは、そういう受け取り方もあるのかと考える事もできるし、本当にそういう意図でこの人々が動いているというインサイダー情報なのかとも思える。

難しい間題だが、何かの事の別の情報が出てきたとき、一般にクリスチャンがすぐそうするように頭から否定しないで、可能性を考えて置くという包容力が必要だと思う。「WitchCraftとイルミナティが教会に植え付ける毒麦はいつも数の穂、〃獣〃のしるしを実らせる事を覚えておくといいだろう」
 

 これはけだし名言だ。教会は常に富を求めるときに堕落してきた。今また装いを新しくして、繁栄の神学、富の信仰が教会に入り込んできている。そしてそれは教会をこの世のレベルと同じ水準にまで引き下ろしている。獣とは黙示録13章のサタンの人格的存在。
 

----------------------------------------
 
 

一方、プロテスタントにはかなり手こ ずったようである。しかし、まず一九世紀から聖書そのものを攻撃することが始まった。ついで進化論によ って動揺させられた。この辺でほとんど伝統的教派の信仰の実が失われてしまった。二○世紀に至って新し
い信仰の波〃ペンテコスト派〃が生まれた。これは聖書に書かれている事は今日も全く同じように起こる筈 だと言う信仰であった。そしてこの教派は病の癒しや超自然的な事を信じた。それ自身、キリスト教のリバ イパルであった。

教会は隆盛し力強い伝道が成された。しかし、エデンの園のようにいつも神の働かれると
ころにはサタンはいる。サタンはこの派を重点的に攻撃することと決めた。この教派には沢山のwitchたちが 訓棟されて送り込まれた。前述のシスコ・ホイーラーさんの父親はこのペンテコスト派の最大派閥の聖織者 だった。彼は3歳の実の娘をレイプしあらゆる汚れと残虐とでマインドコントロールをしたサタニストであ った。そして、そのようなサタニストが聖職者のローブを身をまとって今も沢山働いているのである。中で も有名なのがキャサリン・クールマンである。
 
 

------------------------------------------------

 メニューへ戻る